2024年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
2024年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
[LEFT_POLL]
 

トップ > 保育士 > 保育を学ぶ > 保育の中の子どもの声   自分の声を聴きとられる心地よさ 多様な声を響き合わせるおもしろさ

保育の中の子どもの声   自分の声を聴きとられる心地よさ 多様な声を響き合わせるおもしろさ

加藤繁美 著
(ひとなる書房)
A5判/192ページ/2023.10.17発行

★中身は保育インスタグラムにて掲載中!
『トロル保育』で検索!@troll.hoiku https://www.instagram.com/troll.hoiku/

東村山のお店インスタグラムも!
お店で保育書ご覧いただけます! 絵本やおもちゃ情報、更新中!@troll.tuktuk https://www.instagram.com/troll.tuktuk/
■内容■
困難さが増すなかで、それでも保育の力を実感し、その豊かな可能性に希望を託し、時代を拓く対話的保育の実践を探り続ける保育者たちに贈る、著者渾身のメッセージ!シリーズ一冊目は、子どもの権利条約の時代に求められる「子ども観」と、新たな「保育者―子ども関係論」の提案です。私たちが未だ経験したことのない、多様性の時代の集団保育をいかにして創造するか? 保育の中の「子どもの声」を鍵概念として読み解いていきます。
 
■目次■
シリーズ「希望の保育実践論」をお届けします
はじめに
第1章 自分の声を聴きとられる権利 子どもの声を聴きとる責任
――子どもの声に耳を傾ける意味
1 保育における「子どもの声」
2 保育者が「子どもの声」に耳を傾ける意味
3 子どもの声は七転八倒する実践とともに
4 関係創造的実践として展開される保育の営み
5 子どもの声に耳を傾けるというけれど
6 共感的応答関係のつくり方
1)とりあえず共感の習慣
2)適切な時間稼ぎ
7 対等性・事実主義・葛藤原理
8 自由を求める保育実践
第2章 声を持つ自由 発達する自由 協同する自由
――子どもの権利条約時代の子どもの声
1 子どもは意味をつくる主体
1)意味生成の知的能動性と知的創造性
2)意味生成の個別性・協同性
2 リスニングの保育実践論
3 背後で広がる子どもを権利主体と考える思想
4 「リスニングの保育」のジレンマ
1)対等な市民としての子どもプロジェクト
2)食事も活動も強制されない
5 精神的自由と発達的自由
6 教授優先型保育実践と放任型保育実践の間
7 保育における迎合的関係と共感的関係
8 声を持つ自由、発達する自由、協同する自由
第3章 リスニングと関係性の保育実践論
――対話の時代の子どもの声
1 リスニングに反映される権力性
2 自分の声が社会を変える
3 開かれた話し合い・閉じられた話し合い
4 未完成だから希望が持てる
5 共感的・結論保留的・問い生成的関係
6 脱力する関係は対話の必要条件
7 「対話する主体」として育ち合う四歳児たち
8 リスニングは「関係の網の目」の中で
第4章 逸脱と参画の保育実践
――多様性の時代の子どもの声
1 多様性の時代の保育実践
2 保育の中の「逸脱児」たち
3 「はみだしっ子」から学べ
4 「意味」と「記号」との不思議なつながり
5 「逸脱」を仲間との関係に位置づけて
6 「発達の物語」は関係性と時間軸の中に
1)ダイキくん、天気予報コーナーのキャスターになる
2)お天気コーナーにイノシシ情報加わる
3)お天気情報、進化する
7 違いがあるからおもしろい 違う自分が誇らしい
8 逸脱と参画の保育実践
次刊に向けて
 
価格 : 1,800 円(税込 1,980 円)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ