トップ > こころ・からだ > その他 > 「発達」を問う 今昔の対話 制度化の罠を超えるために

「発達」を問う 今昔の対話 制度化の罠を超えるために

浜田 寿美男 著
(ミネルヴァ書房)
A5判/212ページ/2023.3.27発行

★中身は保育インスタグラムにて掲載中! 『トロル保育』で検索!
@troll.hoiku https://www.instagram.com/troll.hoiku/

東村山のお店インスタグラムも!お店で保育書ご覧いただけます!
絵本やおもちゃ情報、更新中!@troll.tuktuk https://www.instagram.com/troll.tuktuk/
■内容■
「子どもの発達」=「個体能力の発達」として枠づけられ、学校が制度化のなかに絡めとられている。――1960年代から、この問題に向き合い数々の著作を生み出してきた著者が、過去の論文・書籍を今一度読み直し、手を加え、現在の考えや思いを「補注」として記すかたちで編集した書。いじめや不登校が減らない現実、発達障害への過度の注目、子育てや教育をめぐる意識の変化など、現代社会で生じている出来事や現象に触れながら、その課題を一つひとつ紐解く。
 
■目次■
第吃堯“達心理学が注目されはじめた時代に

第1章 発達心理学は人間の理解にとどくのか
 知ることは変わること
 1 なぜ人間理解について論じるのか
 2 発達心理学の制度化
 3 発達心理学の定義にみる自己規定

第2章 人の発達を生活世界の形成過程として見る
 人間の全体的な理解のために
 1 個体能力、関係力動、状況世界という三つのレベル
 2 発達は順行的な形成の過程である
 3 完態の視点から見た「個体能力論」の逆行性

第3章 疎外の個体発生論に向けて
 生活世界という見方
 1 生活世界のなかの場と時
 2 状況世界に巻き込まれて

間奏:四〇年前に語ろうとしたこと


 第局堯 嵌達、発達」と叫ばれるこの時代の発達心理学

第4章 学校で学ぶことの意味とその反転
 発達と学校制度
 1 「成績」という名の教育評価──その慣性と違和
 2 学校は何をするところか
 3 あらためて評価の意味を問う

第5章 発達心理学研究は人間理解を放棄したのか
 学会の外から見た学会の風景
 1 発達心理学の制度化
 2 個体能力論の壁

第6章 発達障害を考える──「発達」をめぐる誤解と混乱
 「発達、発達」と叫ぶこの時代
 1 時代の変化と発達
 2 「脚力」という比喩
 3 「発達障害」の蔓延と個体化
 4 私たちは「理由の世界」を生きている


筆者の関連著作一覧
おわりに
 
価格 : 2,600 円(税込 2,860 円)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ