ログイン 新規登録
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
     
日本保育協会 研修用  
スペース96共同企画  
新 保育所保育指針・教育要領  
全国保育士会・全国保育協議会 (書籍・DVD)  
園長・施設長  
保育士  
子育て支援  
書店入手不可の本  
子育て  
保健  
こころ・からだ  
給食・食育  
保育・制度について  
調べる  
絵本・児童書  
トロル出版部  
コミュニケーションツール  
DVD  
ゲーム・玩具  
教材  
パネルシアター  
楽器  
トロルのおじさんおすすめ  
SDGs  
 
 
     
      042-392-5304  
 
 
    メールはこちら
 
 
2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2023年 1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日

幼保連携型認定こども園における 園児が心を寄せる環境の構成

商品名 : 幼保連携型認定こども園における 園児が心を寄せる環境の構成

価格 : 1,050 円(税込 1,155 円)

数量 :


内閣府(著/文)文部科学省(著/文)厚生労働省(著/文)
(フレーベル館)
A4判/192ページ/2022.3.24発行

★中身は保育インスタグラムにて掲載中! 『トロル保育』で検索!@troll.hoiku https://www.instagram.com/troll.hoiku/
■内容■
内閣府・文部科学省・厚生労働省による幼保連携型認定こども園のための公式資料。

幼保連携型認定こども園における教育及び保育の基本となる「環境を通して行う教育及び保育」の実現に向けて、園児の理解を基に、教育及び保育の内容並びに子育ての支援等に関する全体的な計画等及び指導計画を作成し、園児一人一人が園生活を通して発達に必要な経験が得られるよう、環境を構成していくための、基本的な考え方や方法などについて解説。具体的な指導計画や環境図、また、13の実践事例を掲載。
 
■目次■
第1章 「環境を通して行う教育及び保育」の基本的な考え方
1.幼保連携型認定こども園における教育及び保育の基本
(1)幼保連携型認定こども園における「指導」の意義
(2)教育及び保育の基本に関連して重視する事項
2.「環境の構成」の意義
(1)「環境を通して行う教育及び保育」の意義
(2)園児の主体性と保育教諭等の意図
(3)「環境の構成を通して行う教育及び保育」の特質
(4)計画的な環境の構成
(5)「教育及び保育の内容並びに子育ての支援等に関する全体的な計画」と指導計画
3.園児の理解に基づいた評価と小学校教育との接続
(1)園児の理解に基づいた評価の実施
(2)幼保連携型認定こども園の教育及び保育において育みたい資質・能力及び「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」
(3)小学校教育との接続

第2章 園児の理解に基づいて環境を構成するための具体的な考え方とポイント
1.環境を構成するための具体的な考え方
(1)「教育及び保育」における「園児の理解」 
(2)園児の理解を基にした「指導計画の作成」
(3)指導計画を基に環境を構成する
(4)園児の理解、指導計画、環境の構成の関連性
2.園児の理解を基に環境を構成していく際のポイント
(1)園児の体験を豊かにする魅力のある環境の構成のポイント
(2)教育及び保育の展開における保育教諭等の役割
(3)環境の再構成
(4)「教材研究」の重要性
3.多様な園児が過ごすことに配慮した環境の構成
(1)在園時間の違い等に配慮した環境の構成
(2)園児一人一人の経験の違いに配慮した環境の構成

第3章 園児の理解に基づいた「環境を通して行う教育及び保育」実践事例
事例1 「森におばけがいるよ!」
人的環境としての保育教諭等の役割を意識し、遊びの中で大切にしたい
体験に応じて、環境を構成する
事例2 「お団子屋さん、やりたいな」
作ったもので遊ぶ楽しさが感じられるよう、園児のイメージが実現できるような教材を提示する
事例3 「園内を撮影して動くコースを作ろう」
園児の興味や関心、欲求に応じて環境を構成する(ICTを活用した環境の構成)
事例4 「ここにおばけの家を作ろう」「家ってドアいるやんな?」
園児が生み出す活動の展開に応じて環境を工夫する
事例5 「花びらが浮かんだよ」
園児がやりたいと思ったことが実現できるような環境を構成する
事例6 「これはカレー」「私はオムライス」「こっちはジュースね」
園児の実態から園児に体験してほしい内容を考え直し、体験してほしい内容にふさわしい環境を構成する
事例7 「本物みたいなゴムボールを作りたい」
友達関係の深まりを見通しながら、現在の園児にとって必要な環境を構成する
事例8 「チョウチョに蜜を飲ませてあげよう」
園児の生活や遊びの動線を考慮し、遊びが広がる場の設定を工夫する
事例9 「今日は、ドングリごはんです」・ 「案山子ってなあに?」
園外での活動を教育及び保育に取り入れたり、園外の環境を生かしたりしながら、園児が豊かな生活体験を得られるような環境を構成する
事例10 「あのとき作った、動く車を作ろうよ」 
教材のもつ教育的及び保育的な価値と園児の実態とのバランスを考慮しながら教材を提示する
事例11 「ただいま」「おかえり」
一日を通した生活の流れを意識し、園児の実態に応じた環境を構成する
事例12 「飛び出す絵本、明日作ろうね」
教育課程に係る教育時間後の遊びと、次の日の教育課程に係る教育時間の遊びがつながるよう、提示する教材を工夫する
事例13 「いつの間にか、みんなと同じだね」
経験が異なる園児がいる3歳児の生活に配慮し、園児同士の自然な関わりにつながるような遊びを取り入れたり、遊びの場を構成したりする
 

Copyright © troll-store All Rights Reserved.     042-392-5304
商号名 : トロル   代表 : 関本 練
個人情報保護ポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 〒189-0022 東京都東村山市野口町1-11-4