トップ > 園長・施設長 > 多文化保育 > すべての子どもの権利を実現するインクルーシブ保育へ

すべての子どもの権利を実現するインクルーシブ保育へ

芦澤清音・浜谷直人・五十嵐元子・林 恵・ 三山 岳・ 飯野雄大・ 山本理絵 著
(ひとなる書房)
A5判/208ページ/2023.4.20発行

★中身は保育インスタグラムにて掲載中! 『トロル保育』で検索!
@troll.hoiku https://www.instagram.com/troll.hoiku/

東村山のお店インスタグラムも!お店で保育書ご覧いただけます!
絵本やおもちゃ情報、更新中!@troll.tuktuk https://www.instagram.com/troll.tuktuk/
■内容■
多様な背景をもつ子どもたちが増える中、どの子も排除されず、生きいきと育ち合える保育はどうしたら実現できるのか。それは従来の保育とどう違うのか。現在進行中の4つの実践と海外の事例から、インクルーシブ保育で大切にしたい共通のポイントを探ります。
 
■目次■
序章 インクルーシブ保育の風景
第吃堯ー汰から学ぶインクルーシブ保育のポイント

第1章 「多文化共生」実践
違う文化っておもしろい

第2章 「脱・あるべき姿」実践
どの子も「気になる子ども」になったとき

第3章 「保育者の協働」実践
「また今度ね」と言わなくてもいい保育へ

第4章 「医療的ケア児」実践
医療的ケア児の意見表明から考え合う保育

第5章 世界のインクルーシブ保育
スウェーデンと韓国におけるカリキュラムの動向と実践

コラム 外国にルーツのある子どもたちの現状と保育の課題
コラム◆崚合」から「インクルーシブ」へ
コラム 子どもと保育者を主体とする巡回相談

第局堯.ぅ鵐ルーシブ保育への道しるべ

第1章 意見表明権の保障にもとづく「参加」のプロセス
1 子どもたちの対等・平等の意見表明のために
2 インクルーシブの過程と「参加」の質的発展

第2章 多種多様なインクルーシブ保育が共有する原則とは
1 障がいの社会モデル
2 保育の中にある社会的障壁
3 インクルーシブ保育実践において重視される原則
4 保育形態とインクルーシブ保育との関係
 
価格 : 2,000 円(税込 2,200 円)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ